top of page

お寺の住職になるための修行に行ってきました

皆さん、こんにちは。けーし と申します。今日は、私がこれまで経験した中で一番特別で意味深い瞬間を共有したいと思います。それは、お寺の住職になるための修行に行ってきたことです。


修行の舞台裏

数か月前から私は、心の奥底で何かが変わり始めているような感覚を抱いていました。その感覚に導かれ、お寺の住職になるための修行を決意しました。修行先は、山々に囲まれた美しいお寺。最初は不安もありましたが、期待と興奮に心を躍らせながら出発しました。


早朝の修行と座禅の時間

修行生活は早朝から始まります。庭を掃除したり、お経を唱えたりする中で、自分と向き合う時間が増えました。特に印象的だったのは、朝の座禅の時間。心の波を静め、深い黙想に没入することで、心の平穏を感じることができました。


手仕事との向き合い方

修行では、日々の生活に欠かせない手仕事も大切な一環です。畑仕事や掃除、料理などを通じて、物事を大切にし、感謝の気持ちを持つことの重要性を学びました。手を動かす中で心も整理され、自分の在り方に気づくことができました。


コミュニティとの結びつき

修行生活では、共に修行する仲間たちとの結びつきが強まりました。困難な瞬間もありましたが、お互いの支え合いがあってこその成長だと痛感しました。修行先のコミュニティは、一つの家族のような温かさで包まれていました。


帰り道の心境

修行を終え、帰りの道。山々から見下ろす景色が、私の心に新たな平穏をもたらしました。これまでの修行で学んだことは数え切れないほどですが、何よりも心が清らかになり、人との繋がりの尊さを感じました。


終わりに

お寺の住職になるための修行は、私にとって人生の中で最も意味深い冒険でした。心と体、そして人とのつながりを深めることで、新しい自分を発見できた気がします。これからもこの経験を胸に、人々と共に歩むお寺の住職としての役割を果たしていければと思います。

これからも応援よろしくお願いします。


Коментари


bottom of page